« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007.02.28

スイバ(タデ科)

団地の土手でスイバのロゼットがあちこちで見られます。赤色を帯びます。Suiba
葉身の基部は矢じり形になります。Suiba2
Rumex acetosa L.
Rumexギシギシ属。槍の意味のあるラテン古名rumexに由来。 acetosaは酸っぱいの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.27

ウメ(バラ科)

公園でウメの花がきれいです。Ume
花弁5、おしべ、多数、めしべ1Ume3
Armeniaca mume (Siebold et Zucc.) de Vriese
armeniacaは小アジアのの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.26

オウバイ(モクセイ科)

団地で植栽のオウバイに花が咲いています。Oubai
この時期梅の花が目立ちます。梅の花と同じ時期に咲く黄色い花、黄梅なのね~(^^)花冠多くは6裂、おしべ2、めしべ1、柱頭2裂。Oubai2
Jasminum nudiflorum Lindl.
Jasminumオウバイ属。アラビア名ysmynのラテン語化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.25

ヒカゲヘゴ(ヘゴ科)

ワーイ、ヒカゲヘゴだわ!!大型のシダです。葉柄は淡褐色の鱗片が密生します。ヘゴに比べて葉面が立体的です。Hikage
小羽軸裏面に毛状鱗片があります。ソーラスは小球形です。これがまた可愛いです(^^)Hikage2
Cyathea lepifera (J.Sm. ex Hook.) Copel.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.24

アダン(タコノキ科)

奄美の海岸によく見られるアダンに果実がついていました。Adan
核果が多数集まった集合果です。橙色に熟し良い香がし、甘味があり食べられるそうです。是非味わってみたいものです(^^)Adan2
Pandanus odoratissimus L.f.
Pandanusタコノキ属。マレーシアの土名に由来。odoratissimusはodoratusの最上級で非常に芳香のあるの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.23

カポック(ウコギ科)

奄美でオレンジの実がたくさんついた木が植わっていました。Kapo
葉をみるとカポックの葉でした。鉢植えのカポックはよく見ますが、実を見たのは初めてでした(@@)Kapo2山渓の「観葉植物」によると総称名でカポックと呼ぶことがあるが、これはパンヤ科のCeiba pentandraのことで、シェフレラに使うべきではないということでした。
Schefflera arboricola(シェフレラ アルボリコラ)
arboricolaは樹木に生ずるの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.22

コモウセンゴケ(モウセンゴケ科)

奄美で林道脇にコモウセンゴケがたくさん生えていました。葉はヘラ型です。Komousen
Drosera spathulata Labill.
Droseraモウセンゴケ属。droseros(露を帯びた)に由来。spathulata はへら型のの意

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.02.21

リュウキュウシロスミレ(スミレ科)

油井岳の山頂でリュウキュウシロスミレが咲いていました。Ryukyu
側弁に毛があります。距は太短いです。Ryukyu2
葉は三角状披針形です。Ryukyu3
Viola betonicifolia Sm. var. oblongosagittata (Nakai) F.Maek. et T.Hashim.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.20

パパイヤ(パパイア科)

奄美大島でパパイヤに実がついていました。よく見ると花も咲いています。Papa
花アップ、雌雄異株です。Papa2
Carica papaya L.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.16

ブタナ(キク科)

土手にブタナのロゼットが生えています。Butana
葉の両面に固い毛があります。Butana2
花の咲いている株もあります。Butana3
Hypochaeris radicata L.
Hypochoerisギリシアの植物名でhypo(-のため)+choeros(子豚)radicata根のあるの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.15

ジャノヒゲ(ユリ科)

庭で「ジャノヒゲの緑の葉の下に何か見えるわ~」と葉をかき分けてみるとルリ色の種子がついていました。Jya
アップ、色がきれいです。Jya2
皮をとってみると、半透明の淡い水色のきれいな種子がでてきました。Jya3
Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker Gawl.
Ophiopogonジャノヒゲ属。ophio(蛇)+pogon(髭)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.14

オオマツヨイグサ(アカバナ科)

荒れ地にオオマツヨイグサのロゼットが生えていました。根生葉は柄があり葉先は尖りません。また中肋は白く鋸歯はまばらで葉面は波打ちます。Oomatu2
Oenothera glazioviana Micheli
Oenotheraマツヨイグサ属.oinos(酒)+ether(野獣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.13

セリ(セリ科)

津田の田んぼでせりが生えていました。葉は1~2回羽状です。もむとさわやかな香がします。おいしいでーす(^^)春の七草の1つです。Seri
Oenanthe javanica (Blume) DC.
Oenantheセリ属.oinos(酒)+anthos(花)javanica ジャワのの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.12

ナンゴクナライシダ(オシダ科)

津田の杉の林床にナンゴクナライシダが生えていました。近くで普通に見られます。好きなシダです(^^)Nanngoku羽軸に毛が多いです。
Leptorumohra fargesii (H.Christ) Nakaike et A.Yamam.
lepto-は薄いの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.11

オオキジノオ(キジノオシダ科)

津田の谷沿いの道にオオキジノオが生えていました。羽片には短い柄があり羽片が中軸に沿着する時は下側が上側より広くつきます。Ookiji
胞子葉が残っていましたOokiji2_1
Plagiogyria euphlebia (Kunze) Mett.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.10

オオアカウキクサ(アカウキクサ科)

津田の田んぼでオオアカウキクサ(大和型)が赤く色づいていました。Ooaka_3
オオアカウキクサ(大和型)の特徴は大型、重なって生育でき、そのとき上に向かって立ち上がり、葉の突起は細長く1細胞ということです。Ooaka2_1
Azolla filiculoides

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.09

メダケ(イネ科)

交野市の住宅の側にメダケが生えていました。河川の流域でよく見られます。Medake
葉しょうは無毛、上縁は傾斜し角は上を向きます。Medake2
この写真では脱落していますが直立した肩毛があります。
Pleioblastus simonii (Carrière) Nakai
Pleioblastusメダケ属、pleios(多い)+blastos(芽、胚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

スイセン(ヒガンバナ科)

スイセンがきれいに咲いています。Suisen2
花アップ、花被片6、外花被片先端は短く尖ります。おしべ6。花被筒の上部に3、その下に3つきます。中央にはオレンジ色の副花冠が目立ちます。とってもいい香がします(^^)Suisen
Narcissus tazetta L.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.07

ヒマラヤスギ(マツ科)

団地を歩いていると種がたくさん落ちています。Himaraya3
何の種でしょう?まわりを見ると種鱗がありました。Himaraya
膜質の翼のついた種子も落ちていました。Himaraya2
上を見上げるとヒマラヤスギでした。
Cedrus deodara (Roxb.) G.Don
Cedrusはヒマラヤスギ属。アラビア語のkedron(力)から出たギリシア語のcedrosに由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.06

サイゴクベニシダ(オシダ科)

団地の公園でサイゴクベニシダが生えていました。ちょっとおとなしいサイゴクベニシダです(^^)小羽片は円-鈍頭Saigoku
ソーラスは中間生です。Saigoku2
葉柄から羽軸にかけて褐色の鱗片が密生します。
Dryopteris championii (Benth.) C.Chr. ex Ching

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.05

ヤマブキ(バラ科)

近所で毎年黄色の可愛い花を見せてくれるヤマブキ、どんな冬芽でしょう?Yamabuki冬芽は細長く、先が尖り一年枝には稜があります。
Kerria japonica (L.) DC.
Kerriaはヤマブキ属、J.B.Ker(1764-1842)への献名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.04

オオアカウキクサ(アカウキクサ科)

星田のたんぼを歩いていると、オオアカウキクサが土手に捨てられていました。田んぼを見るとオオアカウキクサが少し残っていました。以前からあったそうですがちゃんと残っていたのですね(^^)Ooaka_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.03

コセンダングサ(キク科)

空き地のコセンダングサの果実がめだっています。あちこちで見られます。Kosendan
果実アップ、Kosendan2
果実は4稜形で2~4本ののぎがあります。Kosendan3
Bidens pilosa L. var. pilosa
Bidensはbi(2)+dens(歯)pilosaは毛深いの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.02

ソシンロウバイ(ロウバイ科)

近所のソシンロウバイのお花が満開ですSosin
ロウバイより花が大きく内側の花被片が黄色です。とてもいい香がします(^^)Sosin2_1
Chimonanthus praecox (L.) Link f. concolor (Makino) Makino
Chimonanthusはcheimon(冬)+anthos(花)praecoxは早咲きの、concolorは同色のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.01

コハシゴシダ(ヒメシダ科)

団地の公園にコハシゴシダが生えています。Kohasigo_1
最下前側の裂片は独立します。Kohasigo2_1
ソーラスは辺縁よりです。Kohasigo5
Thelypteris angustifrons (Miq.) Ching
angusti-は細いfronsは葉の意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »