« フヨウ(アオイ科) | トップページ | ビワ(バラ科) »

2007.01.09

オオハナワラビ(ハナワラビ科)

神社の境内のオオハナワラビの緑が、木漏れ日を受けてきれいです。Oohana
栄養葉の裂片は鋭鋸歯縁です。Oohana4


地面から5cmくらいのところで栄養葉、胞子葉にわかれます。Oohana2_1
フユノハナワラビは地面付近で栄養葉、胞子葉に分かれます。Fuyu
Botrychium japonicum (Prantl) Underw.
botry-はブドウの房の意

|

« フヨウ(アオイ科) | トップページ | ビワ(バラ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオハナワラビ(ハナワラビ科):

« フヨウ(アオイ科) | トップページ | ビワ(バラ科) »