« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.31

マンリョウ(ヤブコウジ科)

庭のマンリョウも赤く熟しています。Manryou
核果、直径6~8mmの球形です。Man3
葉、歯間にはふくれた内腺体があり葉粒菌がいます。Man4
Ardisia crenata Sims
Ardisia はardis(槍先)crenataは円鋸歯状のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.30

シャリンバイ(バラ科)

シャリンバイの果実、ナシ状果、直径1cm球形。Syarin_1
種子、直径7~8mmSyarin2_2
Rhaphiolepis indica (L.) Lindl. ex Ker var. umbellata (Thunb.) H.Ohashi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.29

シャリンバイ(バラ科)

植え込みのシャリンバイSyarin_2
冬芽アップ、卵形、濃紅紫色Syarin2_1
Rhaphiolepis indica (L.) Lindl. ex Ker var. umbellata (Thunb.) H.Ohashi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.28

アカハナワラビ(ハナヤスリ科)

アカハナワラビが十数株出ていました。胞子葉のついているのは1株だけでした。山の一角が道路で分断され水脈が絶たれたのか年々弱ってきているようです。残念です。Aka
Botrychium nipponicum Makino
botry-はブドウの房の意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.27

アイフユノハナワラビ(ハナヤスリ科)

フユノハナワラビとオオハナワラビの雑種のアイフユノハナワラビが、生えていました。フユノハナワラビとオオハナワラビが同所的に生えることは比較的少ないので、雑種の記録も少ないそうです。胞子は不整です。色つや、形が中間的です。Aifuyu
Botrychium japonicum x  ternatum 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.26

アベマキ(ブナ科)

団地の公園のアベマキの冬芽、Abemaki1
赤褐色で灰白毛があります。
Quercus variabilis Blume
variabilisは変わりやすいの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.24

リョウメンシダ(オシダ科)

リョウメンシダの緑がきれいです。Ryoumen
ソーラスは秋~冬に熟し、下優先につきます。包膜は、大きく円腎形です。Roumen2
Arachniodes standishii (T.Moore) Ohwi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.23

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラの冬芽はどんなでしょう?Nouzen_1
葉痕は丸くて大きく、上に小さな鱗芽があります。
Campsis grandiflora (Thunb.) K.Schum.
Campsisは湾曲の意、grandiは大きい-floraは-花のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.22

シャシャンボ(ツツジ科)

シャシャンボをよく見ると可愛い冬芽が見えます。Sya
冬芽、鱗芽で球形、この形が可愛いです(^^)赤褐色。Sya3
液果、おいしいで~す。気がつくと、私宅の犬がシャシャンボの実を食べていました(@@)Sya2
Vaccinium bracteatum Thunb.
Vacciniumはvacca(牡牛)の形容詞vaccinus(牡牛の)に由来。またbacca(液果)の訛りとする説もある。
bracteatumは包葉のあるの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

コナラ(ブナ科)

コナラも黄葉しています。Konara
冬芽、褐色で枝先に多くの芽が集まります。五角錐のきれいな形をしています。皮目は多く隆起します。Konara2
Quercus serrata Murray
Quercusはラテン古名に由来、serrataは鋸歯状のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.20

センリョウ(センリョウ科)

庭のセンリョウの実も朱赤色に色づいています。Sen
核果Sen2
核、直径3mmSen3
Sarcandra glabra (Thunb.) Nakai
glabraは無毛のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.19

ネジキ(ツツジ科)

団地のネジキの葉が紅葉しています。Nejiki
冬芽、芽鱗は紅色を帯び2枚が向き合います。Nejiki2
Lyonia ovalifolia (Wall.) Drude subsp. neziki (Nakai et H.Hara) H.Hara
Lyoniaは米国のJ.Lyon(18c-1818)に由来ovalieは広卵形のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.18

ノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科)

ノウゼンカズラのさく果をいただきました。ノウゼンカズラの花はよく見かけますが実は初めて見ました。Nouzen
Nouzen2_1
種子は扁平で両端に翼があります。Nouzen3_1
Campsis grandiflora (Thunb.) K.Schum.
Campsisは湾曲の意、grandiは大きい-floraは-花のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.17

シマトネリコ(モクセイ科)

最近庭木でよくシマトネリコを見かけます。Sima_1
葉は対生、奇数羽状複葉Sima2_1
Fraxinus griffithii C.B.Clarke var. kosyunensis (K.Mori) T.Yamaz.
Fraxinusはセイヨウトネリコの古ラテン名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.16

アリマウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)

庭のアリマウマノスズクサの葉も黄葉しています。ミッキーマウス形の葉が多いです。Arima_1
冬芽Arima2
Aristolochia shimadae Hayata
Aristolochiaはaristos(非常に良い)+lochos(出産)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.13

イヌカタヒバ(イワヒバ科)

近所の住宅の石垣でイヌカタヒバが紅葉していました。Inukata
主茎は稜があります。背葉(茎に圧着して前方に向いてつきます)は卵形、先端はノギ状、辺縁は膜があります。Inukata3
腹葉(側方に開出)Inukata2
Selaginella moellendorffii Hieron.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.11

トウカエデ(カエデ科)

トウカエデも黄葉しています。きれいです(^^)Tou
Tou2
特徴のある樹皮ですTou3
Acer buergerianum Miq.
Acerはカエデの一種Acer campestreのラテン名に由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.10

オオアカウキクサ(アカウキクサ科)

大阪城公園にオオアカウキクサが見られましたOoaka2
Ooaka_1
外国産でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.07

コニシキソウ(トウダイグサ科)

団地の駐車場でコニシキソウの葉がきれいに紅葉していました。Konisiki
さく果には白色の寝た毛が密生します。Konisiki2
Chamaesyce maculata (L.) Small
maculataは斑点のあるの意

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.06

イワナシ(ツツジ科)

山道沿いでイワナシの葉が目立っていました。葉は固く開出する長毛があります。地をはう常緑低木です。Iwanasi
一度実を食べてみたいです。
Epigaea asiatica Maxim.
Epigaeaはepi(上)+gaia(地)asiaticaはアジアのの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.05

タカノツメ(ウコギ科)

山道を歩いているといい香がします。タカノツメの葉が落ちていました。なつかしい綿菓子のにおいだわ~(^^)Takanotume
Taka2
Gamblea innovans (Siebold et Zucc.) C.B.Shang, Lowry et Frodin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.04

ツルアリドオシ(アカネ科)

山道を歩いているとツルアリドオシの赤い実ができていました。液果の頂のくぼみは2花のあとです。Turuaridosi
Mitchella undulata Siebold et Zucc.
undulataは波状のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.03

ツルリンドウ(リンドウ科)

山道を歩いているとツルリンドウの赤い果実が目立ちます。Turu2_1
葉は対生Turu
Tripterospermum japonicum Maxim.
Tria(3)+pteron(翼)+sperma(種子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.02

マツバラン(マツバラン科)

温室を見せていただきました。マツバランが元気です。ソーラスは3室ではじめ緑色熟すと黄色になります。Matuba
Psilotum nudum (L.) Griseb.
Psilotumはpsilos(裸)に由来、nudumは裸のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

ヨメナ(キク科)

田の畦にヨメナの花が咲いていました。Yomena
花アップ、舌状花は淡紫色で冠毛はありません。筒状花は黄色。Yomena2
Aster yomena (Kitam.) Honda

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »