« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.31

イガホオズキ(ナス科)?

林道を歩いていると、白い花が咲いていました。Iga1
花サイド、萼の毛が目立ちます。Iga2
Iga3
イガホオズキでしょうか?
Physaliastrum echinatum (Yatabe) Makino
Physaliastrum はPhysalis(ホウズキ属)+astrum(似る) echinatumは刺のあるの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.30

ウシクサ(イネ科)

団地のウシクサの花序が出ていました。草刈と花序が出るのとどちらが早いかしら?と思っていましたが、無事に伸びてくれました(^^)Usikusa
Usikusa2
Schizachyrium brevifolium (Sw.) Nees ex Büse

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.29

フサザクラ(フサザクラ科)

フサザクラの翼果ができていました。Fusa
翼果は長い柄で垂れ下がります。葉柄は冬芽をおおっています。Fusa2
Euptelea polyandra Siebold et Zucc.
polyandraは多雄蕊のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.28

キツネノカミソリ(ユリ科)

キツネノカミソリがたくさん咲いていました。Kitunenokamisori
花アップ、おしべは花被片とほとんど同じ長さです。葯は淡黄色です。Kitunenokamisori2
Lycoris sanguinea Maxim.
Lycorisはギリシア神話の海の女神の名Lycorisに由来、sanguineaは血紅色のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.27

アオネカズラ(ウラボシ科)

アオネカズラの新葉が展開していました。根茎は長く這い青緑色です。アオネカズラという名前に納得です(^^)Aone
触るとふわふわしています。美しいシダです。Aone2
包膜はありません。Aone3
Polypodium niponicum Mett.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.26

キクガラクサ(ゴマノハグサ科)

キクガラクサの花が咲いていました。Kikugara
花アップ、花冠5裂、雄しべ4、雌しべ1Kikugara2
花柄は花期がすむとらせん型に巻きます。Kikugara3
Ellisiophyllum pinnatum (Wall.) Makino var. reptans (Maxim.) T.Yamaz.
pinnatumは羽状のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.25

セイバンモロコシ(イネ科)

セイバンモロコシが団地に生えていました。小穂は大きく目立ちます。Seiban
小穂は有柄のものと無柄のものが対になってつきます。有柄の小穂は雄性で芒がありません。
無柄の小穂は両性、芒があります。Seiban3
葉舌は低いSeiban2
Sorghum halepense (L.) Pers.
Sorghumはsorgo(サトウモロコシ)の古名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.24

キツネノマゴ(キツネノマゴ科)

団地でキツネノマゴが咲き始めていました。これから上に咲き上がっていくのでしょうか?葉は対生、荒い毛があります。Kitune
花アップ、花は上唇、下唇にわかれ、上唇にはおしべ2、めしべ1があります。下唇は蜜標があります。ファーブルを出してきて見ると、雄しべには縦に並んだ葯室2があり下方の葯室には距があります。面白いです(^^)Kitune2

Justicia procumbens L. var. procumbens
Justiciaは18世紀のJ.Justiceを記念、procumbensは平伏のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.23

イヌキクイモ(キク科)

庭でイヌキクイモが元気に咲いています。葉はざらつきます。Inukiku2
花アップ、舌状花は先端が尖ります。Inukiku
Helianthus strumosus L.
Helianthusはhelios(太陽)+anthos(花)strumosusはこぶ状突起のあるの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.22

モミジアオイ(アオイ科)

近所でモミジアオイの花が咲いていました。葉は細い掌状で3~7裂します。Momiji
花アップ、おしゃれな花ですね(^^)Momiji3
おしべ、めしべアップ、アオイ科は、雄しべの花糸が癒合して柱状になります。Momiji4
Hibiscus coccineus (Medik.) Walter
Hibiscusは古代ローマの植物名、coccineusは深紅色のの意

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.21

ナンバンハコベ(ナデシコ科)

ナンバンハコベの花が咲いていました。Nanban
花アップ、花弁5で先が2裂、雄しべ10、雌しべ1、がくは、ふくらんでいます。Nanban3
葉は対生です。Nanban2
Silene baccifera (L.) Roth var. japonica (Miq.) H.Ohashi et H.Nakai
Sileneはギリシア神話にBacchusの養父Silenosにちなむ、 bacciferaは液果のあるの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.20

クサギ(クマツヅラ科)

クサギの花が咲いていました。いい香がします(^^)葉は独特の香があります。Kusagi
花アップ、花冠は5裂、雄しべ4個、雌しべ1個、ガク片は花筒に接着します。Kusagi2
Clerodendrum trichotomum Thunb.
Clerodendrumはcleros(運命)+dendros(樹木) trichotomumは3分岐のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.19

ミゾカクシ(キキョウ科)

田んぼの縁にミゾカクシの可愛い花が咲いていました。Mizokakusi
おしべ5本が葯の部分で合生し先が一つになります。雄性期の花Mizokakusi3
Mizokakusi2
Lobelia chinensis Lour.
LobeliaはM.de Lobel(1538-1616)への献名chinensis は支那のの意

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.18

タマガヤツリ(カヤツリグサ科)

休耕田にタマガヤツリが生えていました。Tamagaya3
Tamagaya
花序アップTamagaya2
3稜形の果実をもちます。
Cyperus difformis L.
Cyperusは植物のギリシア名cypeirosに由来。difformisは変成されたの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.17

シュレーゲルアオガエル(アオガエル科)

シュレーゲルアオガエルが葉の上にいました。可愛いです(^^)鼻孔の間隔がアマガエルよりも広く、鼻孔から鼓膜周辺にかけて黒はんがありません。Sysuregeru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.16

カモノハシ(イネ科)

団地の土手にカモノハシが生えていました。カモノハシといえば海岸に生えるものかと思っていました(^^;)ケカモノハシとは茎の節が無毛ということで区別されますKamonohasi
小穂は柄の長い第一小穂と、短い第二小穂が対になってつきます。Kamonohasi3
長柄の小穂は2個の雄性小花からなり、短柄の小穂は1個の両性小花と1個の雄性小花からなるKamonohasi2
Ischaemum aristatum L. var. crassipes (Steud.) Yonek.
Ischaemumはischaimos(止血)aristatumはのぎのあるの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.15

スズメノヒエ(イネ科)

団地の土手にスズメノヒエがはえていました。Suzumenohie_
葉や葉鞘に毛が密生、Suzumenohie_3
小穂は丸くて無毛、葯は黄色です。Suzumenohie2
Paspalum thunbergii Kunth ex Steud.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.14

ミソハギ(ミソハギ科)

田んぼの傍にミソハギの花が咲いていました。Misohagi
花アップ、花弁6枚、雄しべ12、めしべ1。花柱の長さと雄しべの位置により長花柱花、中花柱花、短花柱花があるそうです。Misohagi3_1
ガク片の間には針状の付属体があります。Misohagi2
Lythrum anceps (Koehne) Makino
Lythrumはlythron(血)ancepsは二稜形のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.13

スエヒロタケ(ヒラタケ科)

枯れ木にスエヒロタケがついていました。表面は粗毛におおわれます。Suehiro
Schizophyllum commune Fr.
communeは普通のの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.12

ホドイモ(マメ科)

ホドイモの花を教えていただきました。ホドは塊の意、地下に塊根があるということですHodoimo
花アップ、旗弁は広く、舟弁がよじれ、よく弁は赤紫色です。可愛いです(^^)Hodoimo2
葉は3~5個の小葉からなります。Hodoimo3
Apios fortunei Maxim.
Apiosはapios(ナシ)に由来

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.11

ヒルガオ(ヒルガオ科)

ヒルガオの花が咲いていました。Hirugao
雄しべ5、めしべ1柱頭はふくらんで2裂します。Hirugao3
ガク片5枚、包葉2、花柄はひれがないHirugao2
Calystegia pubescens Lindl.
Calystegiaはcalyx(がく)+stege(蓋) pubescensは軟毛あるの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.10

ガマ(ガマ科)

寝屋川の道路を少し入ったところにガマの穂がでていました。葉の幅は1.5~2cmGama
Typha latifolia L.
Typhahaはtiphos(沼)に由来するガマのギリシア古名typheによる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

コミカンソウ(トウダイグサ科)

団地の土手にコミカンソウが生えていました。Komikansou
Komikansou3
果実の表面にはいぼ状突起があります。Komikansou2
Phyllanthus lepidocarpus Siebold et Zucc.
Phyllanthusはphyllon(葉)+anthos(花)lepidocarpusはlepido-は鱗carpusは果実の意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.08

シモツケソウ(バラ科)

伊吹山のシモツケソウ。花弁は4~5個、おしべ多数、めしべ4~5個、きれいです!!Simotukesou_1
Filipendula multijuga Maxim.
Filipendulaはfilum(糸)+pendulus(吊り下がった)multijugaは多対のの意

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.07

メタカラコウ(キク科)

伊吹山のメタカラコウ、立派です。Metakarakou
Metakarakou2
頭花は、舌状花が1~3個です。Metakarakou3
Ligularia stenocephala (Maxim.) Matsum. et Koidz.
Ligularia はligula(舌)、stenocephalaのsteno-は細いの意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.06

イブキフウロ(フウロソウ科)

イブキフウロIbuki
が咲いていました。花弁の先が3尖裂します。
ガク片に開出毛があります。Ibuki2
Geranium yesoense Franch. et Sav. var. lobatodentatum Takeda
Geraniumはgeranos(鶴)から出たgeranionに由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.05

ミズスギ(ヒカゲノカズラ科)

団地で草刈の後、またでてきてくれました。あなたはエ・ラ・イ!!ミズスギの胞子嚢穂は垂れます。Mizusugi
Lycopodium cernuum L.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.04

イワハリガネワラビ(ヒメシダ科)

林道沿いにイワハリガネワラビが生えていました。中軸がハリガネ色になりません。Iwahari
包膜に毛がありません。Iwahari2
Thelypteris musashiensis (Hiyama) Nakato, Sahashi et M.Kato

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.03

トゲチシャ(キク科)

トゲチシャの花が咲いていました。背丈の割にお花は小さいのね~(^^)Toge
葉の下面中央脈状にとげがあり、鋸歯もとげ状Togeha
つぼみTogetubomi
花アップTogehana
Lactuca serriola L.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.02

ヒメミカンソウ(トウダイグサ科)

ヒメミカンソウが土手に生えていました。Hime_2
果実の表面はなめらかですHimeup
Phyllanthus ussuriensis Rupr. et Maxim.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.01

アリノトウグサ(アリノトウグサ科)

水気の多い土手にアリノトウグサの花が咲いていました。Arinotougusa
雌性期のアリノトウグサ、めしべには4本の花柱があり、柱頭はふさのように裂けます。可愛いです(^^)Arinotougusa2
Haloragis micrantha (Thunb.) R.Br.
Haloragisはhals(海)+rhax(ブドウ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »