« ハルガヤ(イネ科) | トップページ | ワレモコウ(バラ科) »

2006.05.23

マスクサ(カヤツリグサ科)

団地の土手のマスクサの果胞がふくらんでいます。小穂は雌雄性で多数の雌花と基部に少数の
雄花をつけます。雌鱗片は果胞より短い。花柱3本、果胞は扁平、淡緑色で広いひれがありますMasukusa
Carex gibba Wahlenb.
gibbaは小さいこぶの意

|

« ハルガヤ(イネ科) | トップページ | ワレモコウ(バラ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスクサ(カヤツリグサ科):

« ハルガヤ(イネ科) | トップページ | ワレモコウ(バラ科) »