« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006.01.31

フウセントウワタ

知人の庭にフウセントウワタの袋果が残っていました。
面白い形ですね(^^)fus
Gomphocarpus fruticosus

中を開けるとfus2
種子の先には種髪とよばれる毛があります。fus3
ガガイモ科です。風で運ばれるのね~
fruticosusは低木に似たという意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.30

トウネズミモチ果実

散歩してるとトウネズミモチの果実がたくさんついていました。
tou
Ligustrum lucidum Ait.
lucidumは光沢あるの意
toutane
種子はしわがあります。
写りがいまいちですね(^^;)
果実を乾燥させたもの
は強壮薬として
使われるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.29

ギフベニシダ

河内森にギフベニシダがありました。gifu
Dryopteris kinkiensis Koidz. ex Tagawa

葉柄、中軸の鱗片は暗褐色です。
なかなか自分では見つけられません。
ベニシダよりは濃く、サイゴクベニシダよりは薄い感じ?
Koidz. ex Tagawaは小泉源一氏が正式発表していなかったものを田川基二氏が記載分をつけて発表したものです。exは~からという意

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.01.28

オオアレチノギクのロゼット

オオアレチノギクのロゼットです。oare
Conyza sumatrensis Walker

葉の両面に短毛が密生しています。
触るとふわふわしてしています。

sumatrensisはスマトラのという意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.27

ヒメムカシヨモギのロゼット

ヒメムカシヨモギのロゼットhimemuka
Erigeron canadensis L.

葉の表と縁に毛があり葉柄は紅紫色です。
eriは早いgeronは老人
canadensisはカナダのという意味です。
北アメリカ原産なんですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.26

ウラジロチチコグサのロゼット

ウラジロチチコグサのロゼットです。
urati2
Gnaphalium spicatum Lam.

葉の上面は毛が少なく、裏面は白い綿毛が密生してました。
学名のGnaphaliumはフエルトに由来します。
spicatumは穂状花序のあるという意味です。
命名者は用不用説で有名なラマルクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.25

オオイヌノフグリ

散歩してるとオオイヌノフグリも葉をひろげています。
茎、葉にあらい毛があります。oinu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.24

アオキの核果

庭のアオキの実が赤く色づいていました。aoki
中には1.5cm位の核が
はいっていました。
中央に溝があります。aokaku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.23

マツバウンランの葉

植升を見るとマツバウンランの葉が出ていました。matuba

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.22

ホトケノザ

石垣のすきまにはえていました。
何の葉かとよくみるとホトケノザでした。
下方の葉は葉柄が長いですね。hotoke3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.21

サワギクのロゼット

サワギクのロゼットです。
ロゼットはバラ模様(ローズ)からきた語だそうですsawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.20

コゴメイヌノフグリ

葉柄の長毛が目立ちますkogome

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.19

イヌノフグリ

石垣のイヌノフグリが元気です。inu
戦前からある石垣です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.18

ヘクソカズラの核果

金網にヘクソカズラの核果がたくさんついていました。
heku
中に半球形の核が2個はいってました。heku2
液質の部分は肌のかさつきに効くらしいです。
思わずつぶして手にすり込みました(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.16

イズセンリョウの液果

男山でイズセンリョウの液果がついていました。izu
つぶしてみると細かい黒い種子がizu2
10個位はいってました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.15

クロバイの花芽

クロバイの花芽が大分ふくらんできkuro
ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.08

アカハナワラビ

近畿では珍しいアカハナワラビです。
外見はオオハナワラビに似ていますが胞子に突起がaka
なく、今ではフユノハナワラビに近いものと考えられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

エビフライ

生駒山に行きました。
見晴らしのいい場所にエビフライが残ってましたebi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.04

マンリョウの核果

マンリョウに核果がたくさんついていました。man

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.03

センリョウの核果と核

お正月の生け花によく使われるセンリョウ
核果senmi
中には球形の核がはいってましたsentene

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.02

ムクゲのタネ

ムクゲの実をよーく見るとオオカミカットのタネがはいってました(^^)fuyou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.01

イヌノフグリ

今年の干支にちなんで、まずはイヌノフグリの葉inu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »