2019.07.15

アラゲハンゴンソウ(キク科)

3月1日に土手でロゼットがでていました(交野市)。

葉には粗い毛があります。

Arage

何かわからなかったので、また土手に行ってみるとお花が咲いていました。

絵合わせでアラゲハンゴンソウ。

北アメリカからカナダ原産。

Arage2  萼にも剛毛がでます。   Arage3 

Rudbeckia hirta L. var. pulcherrima Farw.

| | コメント (0)

2019.07.12

ナンキンハゼ(トウダイグサ科)

ナンキンハゼの花序がでていました。

Nankin

花序の上部に多数の雄花、基部に0~数個の雌花がつきます。

花柱3。

ナンキンハゼは雄花と雌花のどちらかが先に咲き、もう片方が後から咲きます(雌雄異熟)。

咲く順序が、雄花から先に咲く雄性先熟型と雌花から先に咲く雌性先熟型とがあります。

Nankin2

Triadica sebifera (L.) Small

| | コメント (0)

2019.07.06

ヒメガマ(ガマ科)

交野市の池でヒメガマのな穂がでていました。

穂も細く、葉も細いです。雄花穂は細長くしゅっとしています。

Hime_20190706204801

上部の雄花穂と下部の雌花穂の間が離れて、軸が裸出しています。

Hime2_20190706205601

Typha domingensis Pers.

| | コメント (0)

2019.06.29

タイサンボク(モクレン科)

土手でタイサンボクの花が咲いていました。大きくてきれいです。

顔を近づけるととってもいい香りがします。北アメリカ原産。

Taisanboku_20190629212001

花被片9個はすべて花弁状です。円錐状の花床に多数の雄しべ雌しべがらせん状につきます。

   Taisanboku2

雌しべの下に落ち残った雄しべがみえます。

Taisanboku3

 Magnolia grandiflora L.

| | コメント (0)

2019.06.23

アベマキ(ブナ科)

近所の公園でアベマキの実がついていました。

Abemaki

堅果。殻斗には線形の鱗片がらせん状にびっしりとつきます。

2年目の実。                

Abemaki2

よく見ると今年の実もついています。     Abemaki4      

Quercus variabilis Blume

variabilis 変わりやすい

| | コメント (0)

2019.06.20

ミノボロモドキ(イネ科)

庭の土を入れたところにイネ科の植物がでてきました。

絵あわせで見るとミノボロモドキのようです。

ヨーロッパ原産。

円柱状の穂をつけます。

Minoboro                Minoboro2

Rostraria cristata (L.) Tzvelev

 

| | コメント (0)

2019.06.11

ヒスイラン(パイナップル科)

私市植物園に行くとプヤ・アルペストリス(ヒスイラン)が咲いていますよと教えていただきました。

原産地南米チリ。南米アンデス山脈の3000m級の高地に育ちます。

Hisui

高くのびた花序にはとげがついたような枝が分枝し、この枝に花が集まって咲きます。

Hisui2

花弁3、雄しべ6、雌しべ1。翡翠色の花弁にオレンジ色の約がきれいです。

Hisui3


Puya alpestris

alpestris 亜高山帯の

| | コメント (0)

2019.06.06

ヒトリシズカ(センリョウ科)

林縁にヒトリシズカが生えていました(兵庫県)

葉につやがあります。

頂上に2対の葉が十字形に対生しますが、あいだが接近して

輪生のように見えます。

茎は紫色を帯びたものが多かったです。

Hitori

実がついていました。        Hitori2

Chloranthus quadrifolius (A.Gray) H.Ohba et S.Akiyama

 

 

| | コメント (0)

2019.06.05

ナナカマド(バラ科)

駐車場でナナカマドの花が咲いていました。

Nana

葉は互生。奇数羽状複葉。

                 Nana2

雄しべ20、花柱3~4。

Nana3

Sorbus commixta Hedl.

| | コメント (0)

2019.05.26

レンゲツツジ(ツツジ科)

駐車場に朱色のきれいなツツジが咲いていました(兵庫県)。

絵合わせでレンゲツツジのようです。別名オニツツジ。

Renge_1

雄しべ5。花糸の下半部には開出する短毛が密生します。

雌しべは雄しべより長く、花柱の下半部に短毛が生え、

子房には長毛が密生します。

                     Renge2_1 

よく見ると裂開した果実もついていました。

Renge3_1 

Rhododendron molle (Blume) G.Don subsp. japonicum (A.Gray) K.Kron

| | コメント (0)

«ツルナ(ハマミズナ科)