2019.01.12

ツヤナシイノデ(オシダ科)

サカゲイノデに似たツヤナシイノデ。
ツヤナシは葉の表面に光沢がないことに因ります。
サイゴクイノデの方が、より光沢がありませんが、このシダに対しツヤナシイノデという名前が先につけられましたと教えていただきました。

Tuyanasi

中軸の鱗片は暴れます。卵形~広卵形で大きく上向き、または斜め上向きにつきます。

Tuyanasi2_2





Polystichum ovatopaleaceum (Kodama) Sa.Kurata

polystichumは多列の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.10

サカゲイノデ(オシダ科)

今年の干支にちなんでイノデの仲間を。
サカゲイノデは深緑色で少し白っぽく見えます。
イノデは春の芽立ちの若葉の様子が猪の手に似ていることの連想によります。
サカゲは葉裏の葉軸上の中部から上の鱗片が下向き(逆毛)につくことによります。

Sakage

Sakage2





ソーラスは小羽片の中肋と辺縁のの中間かやや中肋よりにつきます。
鱗片は下向きに軸に圧着してつきます。

Sakage3





Polystichum retrosopaleaceum (Kodama) Tagawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.18

トキワトラノオ(チャセンシダ科)

石垣にトキワトラノオがたくさん生えていました。葉の表面に光沢があります。
トキワは常緑で、このシダが冬にも枯れないことによります。

Tokiwa

最下羽片は縮小します。

Tokiwa2


ソーラス

Tokiwa3

Asplenium pekinense Hance

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.14

オオキヨズミシダ(オシダ科)

林道でオオキヨズミシダが生えていました。
オオはヒメカナワラビ(キヨスミシダ)より葉が大きいことによります。

Oo

小羽片の基部が流れて翼になります。
ソーラスは小羽片の中肋と辺縁の中間かやや中肋よりにつきます。

Oo2


葉柄の鱗片は褐色、披針形のものと線形のものが混在します。

Oo3





Polystichum tsus-simense (Hook.) J.Sm. var. mayebarae (Tagawa) Sa.Kurata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.10

フサザクラ(フサザクラ科)

林道沿いのフサザクラに実がついていました(兵庫県)。

Fusa2

花芽はつやのある茶褐色の芽鱗に包まれます。
翼果は長い柄で垂れ下がり褐色に熟すと風に飛ばされます。

Fusa






Euptelea polyandra Siebold et Zucc.

polyandraは多雄蕊の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.03

カラクサシダ(ウラボシ科)

カラクサシダ見ぃつけ!
コケの中からカラクサシダがでていました(兵庫県)。
カラクサは葉や根茎が這う様子の印象が唐草文様に似ることによると思われます。

Karakusa

葉は小型で全体に毛があります。

Karakusa2

ソーラスは包膜がありません。

Karakusa3

Pleurosoriopsis makinoi (Maxim. ex Makino) Fomin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.02

チャセンシダ(チャセンシダ科)

林道沿いの崖からチャセンシダがでていました(兵庫県)。
チャセンは根茎から葉がでている様子がお茶を点てるときに使う茶筅ににていることによります。

Tyasen

中軸上面の両側に翼がでます。

Tyasen4





葉軸は紫褐色~黒褐色、艶があります。下面に翼はでません。
ソーラスは長楕円形か線形です。

Tyasen3

Asplenium trichomanes L.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.27

ハスノハカズラ(ツヅラフジ科)

海岸近くの林縁でハスノハカズラの実がついていました(三重県)。
葉柄がハスの葉のように盾状につきます。

Hasunoha

実は球形で赤く熟します。


Hasunoha2

種は馬蹄形です。

Hasunoha3


Stephania japonica (Thunb.) Miers

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.22

カンコノキ(ミカンソウ科)

海岸でカンコノキが生えていました(三重県)。

Kankonoki

よく見ると実がついていました。
扁球形で浅い溝があります。

Kankonoki2

幼木の葉は特徴があります。

Kanko3


Glochidion obovatum Siebold et Zucc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.20

ハチジョウシダモドキ(イノモトソウ科)

林道でハチジョウシダモドキがでていました(三重県)。
モドキは外形がハチジョウシダに似ていることによります。
ハチジョウシダに比べ軟らかいです。

Hatijyou

ソーラスは葉縁にできます。

Hatijyou2





Pteris oshimensis Hieron.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«モロコシソウ(サクラソウ科)