2020.04.03

ネコノメソウ(ユキノシタ科)

林道を歩いているとネコノメソウがでていました。

Nekonome3   Nekonome

葉は対生、雄しべは4本です。

Nekonome2

Chrysosplenium grayanum Maxim.

 

| | コメント (0)

2020.03.29

イソヒヨドリ(ヒタキ科)

住宅地でいい声が聞こえました(亀岡)。電線にイソヒヨドリがいました。

Iso

お寺の屋根にも二羽のイソヒヨドリがいました。

Iso2_20200329210401 雄 Iso3_20200329210401 雌

 

 

 

| | コメント (0)

2020.03.21

ノラニンジ(セリ科)

加古川の河原で細かく切れ込んだ葉があちこちででていました。ノラニンジンです。西アジアから地中海地域原産。茎の毛が目立ちます。

 

Nora   Nora2

Daucus carota L. subsp. carota

 

| | コメント (0)

2020.03.15

アマナ(ユリ科)

土手でアマナの花がたくさん咲いていました。花茎は途中に2個か3個の包葉をつけます。

Amana   Amana2

花被片は白色で暗紫色のすじがあります。雄しべ6、雌しべ1。

Amana3

Amana edulis (Miq.) Honda

| | コメント (0)

2020.03.05

リュウキュウルリミノキ(アカネ科)

山道にリュウキュウルリミノキが生えていました(沖縄)。葉は明瞭な柄があります。萼裂片は三角状です。

Ryukyu_20200305212401   Ryukyu2_20200305212401

葉裏の毛は少ないです。Ryukyu3_20200305212401

Lasianthus fordii Hance

| | コメント (0)

2020.03.01

オキナワスズムシソウ(キツネノマゴ科)

山道でオキナワスズムシソウの花が咲いていました。花は白色で淡紫色を帯びます。

Okinawa   Okinawa2

花冠は漏斗状で筒部がねじれます。葉状の苞があります。萼は深く5裂、裂片は線形です。

Okinawa3

Strobilanthes tashiroi Hayata

 

| | コメント (0)

2020.02.24

ヒトツバコウモリシダ(ヒメシダ科)

谷道にヒトツバコウモリシダがたくさんでていました(沖縄)。葉身は単葉、まれに側羽片のでることもありますが小さいです。

Hitotuba 

胞子葉は立ち上がります。ソーラスは連結した小脈につき、三日月形です。

Hitotuba2  Hitotuba3

Thelypteris simplex (Hook.) K.Iwats.

 

 

| | コメント (0)

2020.02.23

リュウキュウウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)

つるに丸い特徴のある葉がでていました(沖縄)。

Ryukyu_20200223195801   Ryukyu3_20200223195801

葉裏は白みを帯び、葉脈が隆起し目立ちます。

Ryukyu2_20200223195801

Aristolochia liukiuensis Hatus.

 

 

| | コメント (0)

2020.02.13

オジギソウ(マメ科)

木道の側にオジギソウの実がついていました(沖縄)。豆果は剛毛があり節の部分で脱落します。

第二次世界大戦後、沖縄県に帰化しました。

Ojigisou3  Ojigisou2

Ojigisou4

Mimosa pudica L.

 

| | コメント (0)

2020.02.12

シマグワ(クワ科)

シマグワの実がついていました(沖縄)。別名ヤマグワ。長い花柱が残ります

Simaguwa3   Simaguwa

葉の先は尾状に伸びて尖ります。

Simaguwa2

Morus australis Poir.

 

 

 

 

| | コメント (0)

«ヤマビワソウ(イワタバコ科)