2019.05.21

ツルナ(ハマミズナ科)

海岸の岩場でツルナの花が咲いていました。

多肉性の多年草です。

Turuna

花には花弁はなく、萼は4~5裂し、内側が黄色で花弁のように見えます。

雄しべ9~16。雌しべ1。

茎や葉は肉質で細かい粒状の突起があります。

Turuna2


Tetragonia tetragonoides (Pall.) Kuntze

tetragonia  四角の

| | コメント (0)

2019.05.16

アレチノギク(キク科)

春先にロゼットを見ていてアレチノギクのロゼットはどんなのだったかしらと思いました。

ちょうどロゼットっぽい葉つきのアレチノギクが生えていました。

Areti_3        Areti2_1

葉柄の毛はオオアレチノギクより長いです。

Areti3_2

Conyza sumatrensis (Retz.) E.Walker

 

| | コメント (0)

2019.05.15

ハンカチノキ(ヌマミズキ科)

植物園でハンカチノキの白い総包片が目立っていました。

ワーイ!ハンカチが一杯ぶら下がっている。

花序の基部には白いハンカチのような総包片が2個つきます。

Hankati            Hankati2

下に花が落ちていました。

Hankati3

Davidia involucrata Baill.

| | コメント (0)

2019.05.14

ニシノオオタネツケバナ(アブラナ科)

谷沿いの道でニシノオオタネツケバナが咲いていました。

オオバタネツケバナより一回り大きいです。お花も大きいです。

Nisi

花弁は白色、雄しべ6個、のうち4個は長いです。

                     Nisi2

下方の葉は長小葉が大きく円形です。

Nisi3

Cardamine dentipetala Matsum. var. longifructa (Ohwi) Hiyama

| | コメント (0)

2019.05.09

ハナイカダ(ハナイカダ科)

谷道でハナイカダに花がついていました。

Hanaikada

雌雄別株。淡緑色の花をつけます。

雌花はふつう1個つけます。

花弁は卵状三角形です。

雌花の花柱は3~4裂します。

Hana2_3      Hana3_3

Helwingia japonica (Thunb.) F.Dietr.

 

| | コメント (0)

2019.05.05

ベニドウダン(ツツジ科)

植物園でベニドウダンが咲いていました。朱色の花が可愛いです。

Beni_4

花冠は広鐘形、浅く5裂します。

Beni2_2

Enkianthus cernuus (Siebold et Zucc.) Makino f. rubens (Maxim.) Ohwi

| | コメント (0)

2019.05.04

タンナサワフタギ(ハイノキ科)

植物園でタンナサワフタギがきれいに咲いていました。タンナは済州島の古名です。

Tanna

花冠は5深裂し、雄しべ多数。花序の柄に毛があります。

Tanna2

 

Symplocos coreana (H.Lév.) Ohwi

| | コメント (0)

2019.05.01

ツクバネウツギ(スイカズラ科)

団地の公園でツクバネウツギの花がたくさん咲いていました。

Tukubane_2

新枝のさきにふつう2個ずつ花をつけます。

子房は細長く花柄のように見えます。

花冠は漏斗状です。先はやや唇状で上唇2裂、下唇3裂します。

下唇の内側には橙色の網状紋があります。

雄しべ4、花柱1。

萼は5裂します。

Tukubane2

Abelia spathulata Siebold et Zucc. var. spathulata

spathulata  へら形の

 

| | コメント (0)

2019.04.21

ムラサキケマン(ケシ科)

河川敷でムラサキケマンが咲いていました。ケマンは華鬘(
仏前に天井からつるす金銅製の飾り物)で花穂をこれにみたてました。

Murasaki_2

花弁4。
外側の花弁2個は大きく、上下に位置し、上の花弁の後端には距があリ、蜜を蓄えます。

内側の花弁2個は左右に位置し、先端が閉じています。

Murasaki2_1

Corydalis incisa (Thunb.) Pers.


Corydalis  ヤブケマン属。 korydalis(ひばり)に由来。
incisa  鋭浅裂の

| | コメント (0)

2019.04.18

トゲミノキツネノボタン(キンポウゲ科)

河川敷でトゲミノキツネノボタンがたくさん咲いていました。

ヨーロッパ原産。全体ほぼ無毛です。

Togemi

果実は20個ほどが集まってつき、それぞれは扁平で、先端は

嘴状にやや湾曲し、側面には刺状突起があります。

                  Togemi2

Ranunculus muricatus L.

 

| | コメント (0)

«ザイフリボク(バラ科)