2017.03.22

サンシュユ(ミズキ科)

東部公園でサンシュユの花が咲いていました。
Sansyuyu
散形花序の基部には総包片4。花弁4、雄しべ4、花柱1。
Sansyuyu2




Cornus officinalis Siebold et Zucc.

Cornus ミズキ属。 cornu(角)に由来。
officinalis 薬用の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.18

タブノキ(クスノキ科)

東部公園でタブノキの冬芽が開いてきていました。
Tabunoki
Tabunoki2
展開中の芽には円錐花序と葉がはいっていました。混芽です。タブノキの混芽の冬芽は葉芽の冬芽より丸っこいです。

Machilus thunbergii Siebold et Zucc.

Machilus タブノキ属。
      インドネシアの名makilanのラテン語化。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.13

モクレイシ(ニシキギ科)

植物園を歩いていると独特な香がしてきました。これは何かしらと思っているとモクレイシのお花がたくさん咲いていました。雌雄別株。Mokureisi
Mokureisi2
雄花。花は5数性、雄しべ5。これは4ですが・・・中央に退化雌しべがあります。
Mokureisi3




Microtropis japonica (Franch. et Sav.) Hallier f.

Microtropis モクレイシ属。 micros(小)+tropis(竜骨)

Hallier f.(1758–1823)はAlbrecht von Haller(スイスの博物学者) の息子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.06

ヤナギザクラ(バラ科)

植物園でヤナギザクラの蒴果がはじけてまだついていました。分布は中国東北部、朝鮮半島。
Yanagi
Yanagi2
翼のある種が落ちていました。
Yanagi3




Exochorda serratifolia S.Moore

serratifolia 鋸歯状の葉
S.Moore (1850 – 1931) 英国の植物学者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.28

ウメ(バラ科)

植物園でウメがきれいに咲いています。中国中部原産。良い香りが漂っています。
Ume
雄しべ多数。雌しべ1。
Ume2




Armeniaca mume (Siebold et Zucc.) de Vriese

Armeniaca アルメニアの
de Vriese (1848-1935) オランダの植物学者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.24

ジョウビタキ(ヒタキ科)

公園にジョウビタキ(♀)がいました。全体に淡い茶色で下腹から尾が橙色、翼に斑があります。
Jyoubitaki
Jyoubitaki2
もふもふした毛がかわいいです。凛とした目もステキです。
Jyoubitaki3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.19

アトリ(アトリ科)

植物園でアトリが葉をがさごそしていました。
Atori
Atori2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.13

ヒトモトススキ(カヤツリグサ科)

池に大型のカヤツリグサがでていました(淡路島)。
Hitomoto
花序が段になってつきます。
Hitomoto3
Hitomoto2




Cladium jamaicense Crantz subsp. chinense (Nees) T.Koyama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.10

ルリビタキ(ヒタキ科)

植物園にルリビタキの雌がいました。上面がオリーブ褐色。脇に橙色がはいります。
Ruri
Ruri3
尾にルリ色がはいるのがおしゃれです。
Ruri2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.04

ロウバイ(ロウバイ科)

植物園でロウバイの花が咲いていました。内側の花被片は暗紫色。爽やかな香りがします。中国原産。
Roubai
雌性先熟。中心に多数の雌しべがあります。雄しべ5~6。
Roubai2
雄性期の雄しべ。花粉がでています。
Roubai3




Chimonanthus praecox (L.) Link

Chimonanthusはcheimon(冬)+anthos(花)
praecoxは早咲きの

Link リンク(1767 – 1851) ドイツの博物学者、植物学者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハラン(キジカクシ科)