近畿では珍しいアカハナワラビです。
外見はオオハナワラビに似ていますが胞子に突起が
なく、今ではフユノハナワラビに近いものと考えられています。