2017.08.22

シマトネリコ(モクセイ科)

庭の剪定したシマトネリコの枝にクマゼミの産卵痕ができていました。

Sima


Sima2





シマトネリコをよく見るとあちこちにクマゼミがとまっていました。

Kuma






Fraxinus griffithii C.B.Clarke

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.18

ハナイカダ(ハナイカダ科)

ハナイカダの実がついていました(交野市)。
よく見ると形がいびつです。ハナイカダミフクレフシです。
ハナイカダミタマバエにより実が不規則に膨れ変形します。

Hanaikada


Hanaikada2



Helwingia japonica (Thunb.) F.Dietr.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.15

エゴノキ(エゴノキ科)

エゴノキに実がついていました(四条畷)。

Egonoki



よく見るとエゴノネコアシという虫えいがついていました。
バナナのような形の袋が放射状に集まった様子をネコの足にたとえて猫足の名がつきました。
エゴノネコアシアブラムシの幼虫が冬芽に寄生して作ったものです。
7月頃に虫えいの先が開いて中からエゴノネコアシアブラムシがでてきます。

Egonoki2


Egonoki3



Styrax japonica Siebold et Zucc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.04

ヤマコウバシ(クスノキ科)

ヤマコウバシの実がついていました(四条畷)。雌雄別株だが雌株しかなく、雄株なしで結実するそうです。

液果。球形。10~11月に黒く熟します。

Yama


Yama2




Lindera glauca (Siebold et Zucc.) Blume

Lindera クロモジ属。
スウェーデンのJ.LInder(1676-1723)への献名
glauca 帯白色の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.29

ノグルミ(クルミ科)

ノグルミの果穂がついていました(淡路島)。卵状楕円形で、苞が密に重なります。果穂は直立します。

Nogurumi


Nogurumi2


Nogurumi3


Platycarya strobilacea Siebold et Zucc.

Platycarya ノグルミ属。 platys(広い)+caryon(堅果)
strobilacea 球果状の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.23

ハマボウ(アオイ科)

海岸近くでハマボウの花が咲いていました(淡路島)。黄色のきれいな花です。

Hamabou


Hamabou2

花糸が合着したクリーム色の雄しべ筒に葯がつきます。花柱の下半分は雄しべ筒に包まれ上部はつきでて5裂します。

Hibiscus hamabo Siebold et Zucc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.20

ボダイジュ(アオイ科)

お寺の境内でボダイジュの実がおちていました(淡路島)。細長い総包葉と一緒に落ちます。

Bodaijyu4


上を見るとたくさん実がついています。花序には総包葉が1個つき中部以下が花序の柄と合着します。

Bodaijyu


Bodaijyu2




葉裏は星状毛が密生します。

Bodaijyu3




Tilia miqueliana Maxim.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.17

ツルバキア ヴィオラケア(ヒガンバナ科)

通る度に何かしらと思っていましたが絵合わせでツルバキアのようです。別名ルリフタモジ。南アフリカ原産。

Turu


Turu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.13

ハナショウブ(アヤメ科)

植物園でハナショウブが咲いていました。花弁に黄色の模様があります。

Hana


Iris ensata Thunb. var. ensata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.11

アップルミント(シソ科)

庭のアップルミントの花がさいています。別名マルバハッカ。今の花の時期は葉の緑が濃くなっています。

Apple


雄しべ4。雌しべ1、柱頭2裂で花冠からつきでます。

Apple2






Mentha suaveolens Ehrh.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«オオエノコロ(イネ科)