2017.05.20

カナメモチ(バラ科)

団地の公園のカナメモチが満開できれいです。

Kaname

花序は複散房状につきます。雄しべ20、花柱2は中部以下で合生。

Kaname2


Kaname3





Photinia glabra (Thunb.) Maxim.

Photinia カナメモチ属。 photeinos(輝く)に由来。
glabra 無毛の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.16

パイナップルセージ(シソ科)

庭でパイナップルセージの花が咲いていました。密を吸うと甘いです。メキシコ原産。秋に咲くらしいですが絵合わせでパイナップルセージのようです。

Pineapple


Pineapple2

雄しべ2、雌しべ1。




Salvia elegans Vahl

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.14

ウシオハナツメクサ(ナデシコ科)

庭の土をいれたところでピンクの可愛い花がさいていました。ツメクサかと思っていましたがワオ!!ピンク色!!はじめてみました。
Usio2

Usio3

托葉は合着して鞘状です。



萼に紫色の斑がはいります。

Usio4




等からウシオハナツメクサでしょうか?
雄しべは7でした。

Spergularia bocconii (Scheele) Foucaud ex Merino

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.12

モチツツジ(ツツジ科)

団地の公園でモチツツジが華やかに咲いていました。
Moti
花冠は5裂、上側の裂片には深紅色の斑点があります。雄しべ5、雌しべ1。萼と花柄には腺毛が密生します。
Moti2




Rhododendron macrosepalum Maxim.

Rhododendron ツツジ属。 rhodon(バラ)+dendron(樹木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.09

エニシダ(マメ科)

エニシダの花がきれいに咲いています。爽やかな香りがします。ヨーロッパ原産。江戸時代に渡来。和名エニシダGenista のオランダ読みヘニスタの訛りです。

Enisida
雄しべ10、雌しべ1。花に触れると雌しべはらせん状に巻きます。
Enisida2




葉は互生、3出複葉。
Enisida3




Cytisus scoparius (L.) Link

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.30

アップルミント(シソ科)

庭のアップルミントが元気です。マルバハッカ。水やりをするととても良い香りがします。
茎や葉裏に綿毛状の毛が密生しています。

Apple


Apple2




Mentha suaveolens Ehrh.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.29

オオバライチゴ(バラ科)

尾鷲の海岸近くでオオバライチゴが咲いていました。
Oobara
Oobara2
葉は奇数羽状複葉です。
Oobara3




Rubus croceacanthus H.Lév.

Rubus キイチゴ属。本属植物のラテン名に由来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.27

タブノキ(クスノキ科)

熊野の海岸でタブノキの花が咲いていました。
Tabu
円錐花序に黄緑色の花をつけます。雄しべ9、仮雄しべ3、雌しべ1。
Tabu3




Machilus thunbergii Siebold et Zucc.

Machilus タブノキ属。
      インドネシアの名makilanのラテン語化。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

エノキ(アサ科)

団地の公園で双葉がでていました。
Enoki
2週間後に見ると本葉がでていました。エノキのようです。
Enoki2




Celtis sinensis Pers.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.21

アリアケスミレ(スミレ科)

近所のアスファルトのすき間でアリアケスミレの花が咲いていました。
Ariake
花冠は白色、ときに淡紫色、内面に紫色の筋があります。側弁、上弁に毛があります。
Ariake2
距は太短めです。
Ariake3




Viola betonicifolia Sm. var. albescens (Nakai) F.Maek. et T.Hashim.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ニオイタチツボスミレ(スミレ科)