2018.04.17

コヒロハハナヤスリ(ハナヤスリ科)

団地のアスファルトのすき間からコヒロハハナヤスリがでてきていました。

Kohiroha2

Kohiroha




Ophioglossum petiolatum Hook.

ophio 蛇 glosso- 舌
petiolatum 葉柄のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.14

ザイフリボク(バラ科)

団地の公園でザイフリボクのお花が咲いていました(4月4日)。別名シデザクラ。


Zaifuri


花弁5、雄しべ多数、花柱5。

Zaifuri2





Amelanchier asiatica (Siebold et Zucc.) Endl. ex Walp.
Amelanchier ザイフリボク属。 Savoyの土名。 asiaticaはアジアの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.08

カリン(バラ科)

庭でカリンの花が咲きました。苗を植えて10年、今年始めて咲きました。
両性花と雄花が混生します。

Karin

両性花。雄しべの中央に花柱が5個あります。

Karin2





Pseudocydonia sinensis (Thouin) C.K.Schneid.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.04.06

エドヒガン(バラ科)

ダム湖沿いにエドヒガンが咲いていました。
花は白っぽい色で小振りです。

Edohigan

花柄、萼に開出毛が密生します。
萼筒がぷっくりふくれます。

Edohigann2




Cerasus spachiana Lavalée ex H.Otto var. spachiana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.03

モモ(バラ科)

何年も前に美味しいモモの種を庭に埋めておきました。
今年はたくさん花をつけました。今年は食べれるのでしょうか?ワクワク!!
葉が真ん中で両サイドに花がついています。雄しべ多数、雌しべ1。

Momo


源平咲きです。

Momo2


Momo3



Amygdalus persica L.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.01

ユスラウメ(バラ科)

近所でユスラウメが咲いていました。
花弁5、雄しべ多数、雌しべ1。

Yusura

冬芽の時、側芽は3個並び、中央は葉芽、両脇は花芽です。
今花の時期に見ると確かに中央から葉、両サイドから花がでています。

Yusura2



Microcerasus tomentosa (Thunb.) G.V.Eremin et Yushev

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.31

ヤマブキ(バラ科)

団地でヤマブキが咲いていました。

Yamabuki

花弁5、がく片5、雄しべ多数、雌しべ5~8個。

Yamabuki2





Kerria japonica (L.) DC.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.28

シデコブシ(モクレン科)

団地を散歩しているとシデコブシが咲いていました。別名ヒメコブシ。
花被片が細くヒメコブシという名に納得です。

Side


花被片は14個ついてました。

Side2

Side3






Magnolia stellata (Siebold et Zucc.) Maxim.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.26

コバノサンタンカ(アカネ科)

ホテルの庭のコバノサンダンカの花が目をひきます(沖縄)。サンダンカは花弁の先が丸いです。

Kobanosantanka2

花弁は尖ります。雄しべ4、雌しべ1。

Kobanosantanka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.23

ハスノハギリ(ハスノハギリ科)

ホテルの庭にハスノハギリが植わっていました(沖縄)。お庭をみているだけで楽しいです。葉柄が蓮のように盾状につき、材がキリに似ていることに因ります。

Hasunoha

Hasunoha2

Hasunoha3

Hernandia nymphaeifolia (C.Presl) Kubitzki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«クロイゲ(クロウメモドキ科)