2018.02.14

セツブンソウ(キンポウゲ科)

京都の植物園でセツブンソウが咲いていました。直径2cmくらいの可愛いお花です。

Setubunsou

Setubunsou2





がく片5枚で花弁状です。本当の花弁はがくの内側に多数あり、棒状で2~4裂、先端は黄色い密腺となっています。雄しべ多数。雌しべ2~5。

Setubunsou3




Eranthis pinnatifida Maxim.

Eranthis セツブンソウ属。 er(春)+anthos(花)
pinnatifida  羽状中裂の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.10

ユーカリ レウコキシロン(フトモモ科)

公園で木肌が白く目立つ木がありました。ユーカリ レウコキシロンと名札がついていました。
和名ヤナギユーカリ。南オーストラリア原産。

Eucaly3

Eucaly2

下を見ると実が落ちていました。

Eucaly





Eucalyptus leucoxylon F.Muell.

Eucalyptus ユーカリノキ属。 eu(良い)+calyptos(被った)
leuco- 白色の xylo- 木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.06

コヒロハハナヤスリ(ハナヤスリ科)

団地のスーパーのコヒロハハナヤスリの栄養葉が枯れてきていました。


Kohiroha





Ophioglossum petiolatum Hook.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.29

ギフベニシダ(オシダ科)

団地の公園の階段脇にギフベニシダがでていました。草刈で大きくはなれませんが。
ギフは発見地が岐阜県ということに因ります。

Gifu

葉柄に汚暗褐色の鱗片があります。

Gifu2




Dryopteris kinkiensis Koidz. ex Tagawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.23

コヒロハハナヤスリ(ハナヤスリ科)

団地のスーパーのコヒロハハナヤスリの胞子葉が枯れていました。コは葉が小さいことによります。
たくさんコヒロハハナヤスリがでていますので観察に丁度いいです。

Kohiroha





Ophioglossum petiolatum Hook.

ophio 蛇 glosso- 舌
petiolatum 葉柄のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.19

ソシンロウバイ(ロウバイ科)

近所のソシンロウバイのお花がきれいです。毎年今の時期楽しませてもらってます。

Sosin

ロウバイより花が大きく内側の花被片が黄色です。いい香です(^^)


Sosin2





Chimonanthus praecox (L.) Link f. concolor (Makino) Makino

Chimonanthusはcheimon(冬)+anthos(花)
praecox  早咲きの
concolor  同色の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.13

コケリンドウ(リンドウ科)

団地の土手を見るとコケリンドウのロゼットがでていました。よく見るとあちこちにでています。
十字対生のすっきりした形です。

Koke


Koke2





Gentiana squarrosa Ledeb.

Gentiana リンドウ属。Illyriaの王Gentius(B.C.500頃)に由来。
squarrosa 縮れた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.10

ギョリュウバイ(フトモモ科)

今の時期でも近所でギョリュウバイの可愛いお花がさいていました。オーストラリア、ニュージーランド、マレー諸島原産。フトモモ科というのが何故か嬉しい。

Gyoryu

お花が小さくて可愛いですがよく見ると葉っぱも幅2mm位の可愛い葉です。


Gyoru2



落ちてる葉をもらって光にかざしてルーペで見ると腺点がありました。フトモモ科に共通の特徴です。

Gyoryu3



Leptospermum scoparium J.R. et G.Forst.

lepto- 薄い、細い、弱い
sperum- 種子
scoparium  箒状の、はけ状の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.30

ユスラウメ(バラ科)

ユスラウメの冬芽がでていました。

Yusura2


ユスラウメの仲間は側芽が3個並びます。中央は葉芽、両脇は花芽です。

Yusura





Microcerasus tomentosa (Thunb.) G.V.Eremin et Yushev

tomentosa  ビロード毛のある、密に細綿毛のある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.23

キノクニベニシダ(オシダ科)

キノクニベニシダを教えていただきました。


Kinokuni


羽片は中軸に直角につきます。

Kinokuni2_2


ソーラス。早い時期では包膜は紅色です。

Kinokuni3


Dryopteris kinokuniensis Sa.Kurata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コヒロハハナヤスリ(ハナヤスリ科)